ティモンディの素顔を先輩・サンドウィッチマンが暴露!目立つ高岸よりも「前田が実はおかしい」

ティモンディの前田裕太
ティモンディの前田裕太

 お笑いコンビ「ティモンディ」が15日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜・正午)に出演。名門・済美高校野球部出身の前田裕太(27)と高岸宏行(27)が経歴を明かした。

 高校時代はお互い「プロ野球選手になろう」と話していたという2人。特に、150キロをマークするピッチャーだった高岸は高校生で阪神とヤクルトから声が掛かっていたという。しかし下位指名だったこともあり大学へ進学したが、3年時に肘を故障し、プロへの道を断念したと振り返った。

 その時に「今まで応援してくれた方々に返す方法」を考えた結果、「みんなに勇気を与える人間になろう」と決意。憧れだったサンドウィッチマンを目指してお笑いを始めたという。

 現在は同じ事務所に所属していて、プライベートでもお世話になっているというサンドウィッチマンがVTRで出演。個性的なキャラのため高岸が注目されがちだが、「前田が実はおかしい」と暴露した。

 単独ライブを手伝ってもらった際、富澤たけし(45)が「何か欲しい物はないのか」と前田に聞くと「スニーカーが欲しい」と答えたため、少し色を付けて5万円を渡したという。すると帰ってきた前田は、なぜか「時計買っちゃいました」と4万9千円ほどの時計を買ってきたというエピソードを明かした。

 さらに古着や裁縫が趣味の前田は、自分が着る服も作っているという。そんな前田について「女子力ががあるのかもしれない」と明かした。

 また大学院まで進学している前田は、富沢の息子の家庭教師をしていたことも。しかし現在は「忙しくなって来れなくなってるから、子どもの成績が落ちてる」と話す富沢は「売れないでほしい」とメッセージを送った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請