【巨人】陽 左中間を破るタイムリー二塁打 13日の紅白戦ではバックスクリーン弾も

5回1死二塁、左中間適時二塁打を放つ陽岱鋼
5回1死二塁、左中間適時二塁打を放つ陽岱鋼

◆練習試合 巨人―韓国・サムスン(15日・セルラー那覇)

 巨人の陽岱鋼外野手(32)が15日、今年チーム初の対外試合となった韓国・サムスンとの練習試合(那覇)に、「7番・右翼」でスタメン出場し、2戦連続打点をマークした。

 3点リードの5回1死二塁。大型左腕から左中間を破る適時二塁打を放った。二塁ベース上ではニッコリ。

 13日に行われた紅白戦では、4回の守備から1軍の中堅に入って出場。迎えた5回無死二塁、高井から中堅バックスクリーンへ“原巨人今季1号”となる2ランを放っていた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請