聖火リレーリハに石原さとみ「あっという間だった」

聖火リレーのリハーサルで手を振りながら走る石原さとみ
聖火リレーのリハーサルで手を振りながら走る石原さとみ

 3月から始まる東京五輪の聖火リレーのリハーサルが東京都内で行われ、羽村会場では女優の石原さとみが聖火ランナーとして参加。約200メートルを火のついていない状態のトーチを手に笑顔で走り抜けた。

 リハーサルでは公道を封鎖して行い、リレー本番でも走るスポンサー企業の車列も登場。石原は「待っている間は緊張したけど、走っていると本当にワクワクしてあっという間に終わってしまいました。一度、こうやって走らせていただいていい練習になりました」と満面の笑みで振り返った。

 石原は聖火リレー本番出も長崎県内(5月8、9日)を走る予定になっている。テレビ番組で原爆被爆者の本多シズ子さんと出会い「少しでも励ませる人になることを目標にできた」といい、レース本番に向けて「五輪の閉会式が長崎原爆投下と同じ8月9日。反戦と核廃絶の思いも込めて走って行きたい」と意気込みを語った。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請