宇垣美里アナ、テレビ局のセクハラ描いた映画に「私も見覚えがある」

宇垣美里
宇垣美里

 元TBSでフリーアナウンサーの宇垣美里(28)が14日、都内で映画「スキャンダル」(21日公開)の公開記念イベントに出席し、映画でも描かれているセクハラ問題などについて語った。

 シャーリーズ・セロン(44)、ニコール・キッドマン(52)、マーゴット・ロビー(29)が共演する同作は、2016年に米FOXニュースの女性キャスターたちが同社CEOのセクハラを告発したスキャンダルを描く。アカデミー賞では3部門にノミネートされ、日本出身のカズ・ヒロさんがメイクアップ・ヘアスタイリング賞を受賞したことでも話題になった。

 宇垣アナは「私も映画で描かれていることは見覚えがあり、映画の中の女性たちに共感し、声を上げる勇気に、自分も頑張らないといけないと思いました」と感想を語った。「日本とアメリカではアナウンサー、キャスターに求められる像が違うように思いました。日本のアナウンサーは強すぎず、派手すぎず、セクシーすぎず、ニュースを伝えるに当たってノイズにならないのが一番大事だと思って局アナウンサー時代は働いてました」と実体験を振り返り、あこがれだったという先輩の枡田絵理奈アナから「アナウンサーは100準備しても1伝わるかどうか。それでも準備できるかどうかが大事。自分が映らなくても番組が円滑に進んで他の出演者さんがやりやすいと思ってもらえたらそれがアナウンサーの仕事」と教わってきたと明かした。

 またハラスメントの解決策については「自分が権力があっても弱い立場の人たち、1人の人間であることを再認識する必要がある。何がハラスメントになるのか常識を世間で作って、社会構造を新に作っていくことが大事だと思います」と語った。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請