元NHKの青山祐子アナ、8年ぶり公の場へ…3月14日「日本博」記念式典で司会決定

青山祐子アナ
青山祐子アナ

 昨年3月にNHKを退局した青山祐子アナ(47)が、3月14日に東京・上野の東京国立博物館、本館前庭で開催される「日本博オープニング・セレモニー」の司会を務めることになった。公の場に姿を見せるのは約8年ぶりとなりそうだ。

 青山アナは俳優・谷原章介(47)と2人で、第1部・記念式典の司会を担当する。14日都内で詳細が発表された。マスコミに配布された資料には肩書きなどはなく「青山祐子」と名前のみが明記されていた。

 会見後、関係者は「青山祐子」が元NHKアナであることを認めた上で「安定した実力を持つベテランの方としてふさわしい」という認識のもと、司会起用に至ったことを説明した。しかし、今回の出演が「仕事復帰」を意味するものではなく、現在、家族と住む香港から一時帰国する“単発”での出演だという。

 青山アナはNHK時代、女子アナのエース格として活躍。しかし2012年に第一子を出産後、子宝に恵まれ、現在4児の母親。現場復帰は叶わないまま、19年退局した。スポーツキャスターとして長野(98年)、トリノ(06年)、北京(08年)、バンクーバー(10年)と五輪報道の経験も豊富だった。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請