お笑いコンビ「まんじゅう大帝国」映画初主演 マネジャーが監督

映画「実りゆく」主演の竹内一希(左)とマネジャーの八木順一朗監督
映画「実りゆく」主演の竹内一希(左)とマネジャーの八木順一朗監督

 漫才コンビ「まんじゅう大帝国」の竹内一希(25)が今秋公開の映画「実りゆく」(八木順一朗監督)に主演することが14日、分かった。

 監督の八木氏は爆笑問題が所属する事務所「タイタン」のマネジャー。同映画は2018年開催の、存在しない映画の予告編だけでコンクールを行い、グランプリが映画化される「MI―CAN 未完成映画予告編映画大賞」で堤幸彦賞とMI―CAN男優賞を受賞した。

 惜しくもグランプリを逃したが、本編の制作を望む声が多かったことからタイタン・太田光代社長が映画化を決定。竹内は「映画の主演をやることになる人生だとは思ってもみませんでした。今、僕の持っている力をすべて出しました!」と初々しさ全開だ。

 作品は、長野県でりんご農家を営む親子の愛情の物語。田中要次、三浦貴大、小野真弓、山本學、島田秀平や爆笑問題も出演する。

 八木監督は日大芸術学部映画学科で映画を学び、タイタンで修行中の身。今作がデビュー作だ。「私は、この映画に、まっすぐ愛情を込めました。映画への愛、りんごへの愛、そして、共に作品を作り上げてくれたスタッフさんや役者さんへの愛。その想いは、必ずや見る人へ届くと信じています」と気合十分だ。

 竹内の相方の田中永真(26)は「『主演』という言葉の音にうっとりしてニッコニコの竹内くんと普段漫才させて頂いてます。マネージャーさんに一喝入れて貰おうと思ったらマネージャーが監督!」と困惑しながらも自身も出演している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請