【なでしこL】新リーグは来年9月開幕&最大10クラブ参加

 2021年に日本サッカー協会が新設する女子プロリーグの概要が14日、複数の関係者への取材で分かった。参加クラブには役員に女性を1人以上含むこと、3年以内に職員の半数以上を女性とすることなどを求める。「なでしこジャパン」で長く主力を担った元選手をリーグのトップに登用することも検討している。

 初シーズンは21年9月開幕、22年5月終了を軸に調整する。保有選手は年俸上限のないA契約5人以上、上限のあるB、C契約10人以上が必要。チーム名の地域名は必須で企業名を加えることも認める。

 6~10クラブで開始し、1クラブの理想の年間予算は4億5000万円。日本で唯一、全選手がサッカーを専業とするINAC神戸と同等とみられるが、なでしこ1部の平均運営費は1億円台で、全クラブが実現できるかどうかは不透明だ。なでしこリーグ以外からの参入も可能で、審査を経て今夏に参加クラブが公表される見通し。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請