NMB派生ユニット「LAPIS ARCH」が初ライブ「48グループになかった光景をお見せしたい」

初ライブを開催した「LAPIS ARCH」の(左から)梅山恋和、山本彩加、上西怜(C)NMB48
初ライブを開催した「LAPIS ARCH」の(左から)梅山恋和、山本彩加、上西怜(C)NMB48

 アイドルグループ「NMB48」から誕生した新ユニット「LAPIS ARCH(ラピス アーチ)」が14日、大阪・森ノ宮の「COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール」で、初ライブ「Valentine LIVE 2020 ~Sweet&Bitter Youth~」を開催した。

 5期生の上西怜(18)、山本彩加(17)、梅山恋和(ここな、16)による高校生3人で、昨年12月に始動。「COOL JAPAN―」3ホールでも最大規模の会場で約1000人のファンを集めた。この日はバレンタインデーとあって、序盤で上西がサブタイトルに引っかけて「甘くて苦い青春を一緒に過ごしてください!」とアピールし、NMBの楽曲など全24曲を熱唱。梅山は、おニャン子クラブ時代に発表された国生さゆり(53)の名曲「バレンタイン・キッス」をソロで披露した。

 また、客席にチョコレートを投げ入れるサービスのほか、バレンタインの恋の告白をテーマにしたオリジナルドラマの上映も。上西は「学校の屋上のシーンでは、16テイクもしてしまいました」と悪戦苦闘した撮影秘話も明かした。

 まだユニットとしてのオリジナル曲はないが、5月13日に「LINE CUBE SHIBUYA」での東京公演も決定。上西は「こんなに順調に行って大丈夫かな」と不安も漏らしながら「もっと自分に自信をつけて、2人の隣に立つにふさわしいメンバーになりたい」。グラビアでも活躍しているだけに「写真集を出したい」と個人の夢を掲げた。

 梅山は「2人に比べ、これといった武器、個性がないですが、これからは必要。それを探していきたい」と誓い、目標は「大好きなお餅のCMに出ること」と笑顔。

 最後は山本が「この3人がNMBの先頭に立って引っ張っていく存在になりたい」と近未来を見据え、「48グループになかった光景をみなさんにお見せしたい。48グループに興味のない方を振り向かせたい」と強い思いを語ってファンの大きな声援を浴びた。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請