槇原敬之容疑者、2年前に吸引パイプ見つかっていた…覚醒剤取締法違反などの疑いで送検

送検される槇原容疑者を乗せたワンボックスカー(カメラ・小泉 洋樹)
送検される槇原容疑者を乗せたワンボックスカー(カメラ・小泉 洋樹)

 覚醒剤取締法違反(所持)などの疑いでシンガー・ソングライターの槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)が逮捕された事件で、警視庁が2018年春に当時住んでいた東京・港区のマンションを調べた際、寝室から違法薬物と吸引用とみられるガラス製のパイプを発見していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。発見時、槇原容疑者は不在だったという。

 当時、槇原容疑者と同居していた個人事務所の元代表の男性(43)は、このマンションで覚醒剤を所持したなどとして起訴され、18年6月に有罪判決を受けた。警視庁組織犯罪対策5課は、槇原容疑者の関与についても裏付けを進めていた。同容疑者は13日、18年3月と4月に覚醒剤と小瓶に入った通称「ラッシュ」と呼ばれる危険ドラッグを所持したとして逮捕された。

 同5課は槇原容疑者の尿検査を実施し、薬物の使用についても調べる方針。検査の結果次第では毛髪鑑定に切り替え、過去に遡って覚醒剤の使用を調べることになる。渋谷区内の自宅からは、覚醒剤は見つかっていない。同容疑者の認否は明らかにしていない。

 槇原容疑者はこの日午前8時40分すぎ、送検された。留置されている警視庁東京湾岸署には多くの報道陣が集まったが、同容疑者を乗せたシルバーのワンボックスカーの車内はカーテンで仕切られ、様子はうかがえなかった。

 槇原容疑者の東京・渋谷区の事務所には14日までに家宅捜索が入った。この日、ホームページで「このような事態が生じたことは大変遺憾でございます。詳細な事実確認を行っておりますが、取り調べ中のため、状況の進捗(しんちょく)を待っているところ。関係者、ファンの皆さまに深くおわび申し上げます」という謝罪コメントを発表した。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請