金村義明氏、ロッテ佐々木は超一級品「これからどういう風に汚れていくのか心配」

金村義明氏
金村義明氏

 元近鉄でスポーツ報知評論家の金村義明氏(56)が14日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)に出演。ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡高=を超一級品と評価した。

 石垣島キャンプを視察に行ったという金村氏は、「(コーチは)ポテンシャルはすごいと。本当かどうか分からないですけど『サイヤング賞でも狙えますよ』と。ただ、まだ(体の)線が細い。また、田舎の子なので、だいたいドラフト1位で入ってくる子はませているんですよ。彼は本当に純粋。握手したんですけど、きれいなしっとりした指しています。ひょっとしたら彼女いないんじゃないかな。これからどういう風に汚れていくのか心配」と、佐々木の印象を語った。

 さらに「松坂大輔が入ってきたときにブルペンに行ったら恐ろしいボールを18歳で投げていた。ベース板から浮いてきましたから、僕現役だったのに怖かったです。(佐々木は)そんなタイプ。風格は、中学生がそのまま…。広報がこれからマスコミ対応も全部教えないと、本当に何色にも染まってない。真っ白だと思います。163キロは1回きりでそれから出してない。U18の時も豆できて投げてないし、あんまり投げ込みとかもしたことない。ただ素材は一級品。超が付く一級品」とレジェンドと比較しつつ、令和の怪物を評価した。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請