なでしこジャパンが東京五輪へ始動 高倉監督「特別な年。一分一秒を大事に」 

代表候補合宿で笑顔を見せる高倉麻子監督
代表候補合宿で笑顔を見せる高倉麻子監督

 サッカー女子日本代表のなでしこジャパンが14日、Jヴィレッジ(福島・広野町、楢葉町)での合宿で五輪イヤーの始動日を迎えた。

 合宿初日は、体力測定やパス交換など軽めに約1時間の練習。選手には笑顔も見られ、明るく穏やかな雰囲気だった。高倉麻子監督(51)は、「特別な年。期待して集めているので、みんなで前向きに進んでいこう、一分一秒を大事にしていこう」と、選手に話したという。

 3月初旬には、国際親善大会「シービリーブス杯」(米国)に参加し、強豪の米国、イングランド、スペインと対戦する。約2週間半で今季初戦に臨むが、「勝ちにいくけれど、ゴールではない。試したいことを試しながらやっていきたい」と意気込んだ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請