ラスベガスが怪物に襲われた!? 井上尚弥の世界戦バナーを米トップランク社が公開 スパー開始に大橋秀行会長「最高」

井上尚弥が4月にラスベガスで行う世界戦の興行のバナー
井上尚弥が4月にラスベガスで行う世界戦の興行のバナー

◆プロボクシング 世界バンタム級(53・5キロ以下)3団体王座統一戦 WBAスーパー、IBF王者・井上尚弥―WBO王者ジョンリール・カシメロ(4月25日、米ネバダ州ラスベガス マンダレイ・ベイ・リゾート&カジノ)

 プロボクシングの米興行会社大手トップランク社は13日(日本時間14日)、WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(26)=大橋=とWBO王者ジョンリール・カシメロ(30)=フィリピン=の3団体王座統一戦を4月25日(同26日)に米ラスベガスで行うと正式発表し、興行のバナーを公開した。バナーは、何者かに襲われたラスベガスの町並みのイラストに、井上と「怪物」の漢字が大きく浮かぶ斬新なデザインになっている。

 井上は2月2日から6日までグアムで走り込み合宿を行い、帰国後、筋肉疲労による発熱で、7日の年間表彰式を欠席したものの、すぐに回復。その後は、フィリピンからWBO世界スーパーバンタム級5位アルバード・パガラら世界ランカー2人を招へいし、13日から本格的なスパーリングを開始した。初日はパガラ相手に5ラウンドを行い、見守った大橋秀行会長は自身のSNSで「最高の出来でした」とコメントしている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請