エンゼルス・大谷が術後初のフリー打撃で5発 新打法に「勉強になることもたくさんあるんじゃないかな」…一問一答

素振りで右足を上げるフォームを確認するする大谷
素振りで右足を上げるフォームを確認するする大谷

 エンゼルス・大谷翔平投手(25)が米アリゾナ州テンピで行っているバッテリー組キャンプ2日目の13日(日本時間14日)、今キャンプ初のフリー打撃を行った。昨年9月の左膝手術後初めてとなる屋外での打撃練習だったが、中堅へ推定飛距離135メートルの特大弾を放つなど、25スイングで5本が柵越え。「体は問題なくよかったんじゃないかなと思います。打感も悪くなかったですし、初めてにしてはよかったかなと思います」と納得だった。練習後の一問一答は以下の通り。

 ―左膝手術後初のフリー打撃を行った感触は

 「体は問題なく、よかったんじゃないかなと思います。打感もそんなに悪くなかったですし、初めてにしてはよかったんじゃないかなと思います」

 ―打球の感触は

 「バッティングは去年もやっていたので、継続ながら、改善しながらいけたらいいかなと思います」

 ―右足を上げて打っていたが

 「練習の一環でやったりとか。実戦でやるかは分からないですけど、色んな打ち方をする中で、勉強になることもたくさんあるんじゃないかなと思います」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請