山口、ドタバタ移動 睡眠3時間でブルージェイズのキャンプイン間に合う 

キャンプインしたブルージェイズの山口俊(カメラ・一村 順子)
キャンプインしたブルージェイズの山口俊(カメラ・一村 順子)

 【ダンイーデン(米フロリダ州)=一村 順子】巨人からポスティングシステムによる大リーグ移籍を果たしたブルージェイズの山口俊投手(32)が13日(日本時間14日)、キャンプイン。就労ビザの発給が遅れ、キャンプ当日ギリギリに間に合うドタバタ渡米。球団は過密日程を考慮して当初フリー調整を許可していたが、志願の練習参加。背番号「1」のユニホームに身を包み、キャッチボールなどで汗を流し、大リーガーとして始動した。「時差ボケなのか自分でもよくわからないです。あと1日ビザが遅れたらキャンプインに間に合わなかった。ドタバタですけど、いい経験していると思います」。実際の睡眠時間は3時間。移動の疲れと、新天地を踏んだ興奮が入り混じっていた。

 発給が予定より4日遅れたビザが下りたという連絡が入ったのが、日本時間12日の午前5時半。その日のうちに国際免許を取るなど所用を済ませ、同日夜の便で羽田を出発。米ミネソタ州ミネアポリス経由でダンイーデンに入ったのは、当地の13日に近かった。

 また、山口の通訳として、櫻井悠人さん(31)が正式に決まった。ブルージェイズはドジャーズからFAで昨季、メジャーで防御率NO1の柳賢振を4年総額8000万ドル(約88億円)で獲得した。

 なお、阪神から移籍したラファエル・ドリス投手は、ビザの発給が遅れ、初日は不在だった。

 

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請