GENERATIONS・白濱亜嵐&片寄涼太がダブル主演映画のファンミーティング

ダブル主演映画への思いを語った白濱亜嵐と片寄涼太
ダブル主演映画への思いを語った白濱亜嵐と片寄涼太

 GENERATIONSの白濱亜嵐(26)、片寄涼太(25)が13日、東京・代々木第一体育館でダブル主演映画「貴族降臨―PRINCE OF LEGEND」(3月13日公開、河合勇人監督)の完成披露試写会&ファンミーティングを行った。昨年3月公開の映画の続編で、昨年11月から放送されたドラマ「貴族誕生―」の劇場版。前作に続く主演となる片寄は「“1”より余裕ある一面を見せられたかな」と劇中で演じる“王子”同様に笑顔を振りまいた。

 片寄は、初となるソロ名義で主題歌「Possible」を担当し、この日は1万1000人の前で披露した。「歌詞も大人っぽくて、セクシー。自分でも普段、サラッと日常の中で聞きたいと思う曲。初のソロ曲がこの曲で良かった」と自信作への思いを語った。劇中でライバルを演じる白濱も「この曲調はグループではできない。海外でも胸を張って戦える曲だと思う」と絶賛した。

 白濱が演じるのは、NO1ホストクラブの代表・ドリー。役作りでイメージしたのは“カリスマホスト”のROLAND(27)だという。「脚本を読んだときから絶対そうだと思った。どういう立ち居振る舞いをしてるのか、インスタグラムで見たりしました」と振り返った。白濱のホストぶりには、片寄が「これくらい似合うのもすごい。セリフにもあるけど、キラキラではなく、ギラギラ感がすごかった」と言葉を向けた。

 劇中の一番の見せ場として、2人のフェンシング対決がある。練習を重ねる中、白濱は「初心者でも存分に楽しめるスポーツ」と魅力を体感。撮影の合間に3ポイントマッチを行った結果は、白濱が勝利したという。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請