【巨人】原監督が「満点」と総括の宮崎キャンプ ニンジン作戦がハマった…担当記者が見た

宮崎キャンプを打ち上げ、円陣の中央であいさつする菅野
宮崎キャンプを打ち上げ、円陣の中央であいさつする菅野

 原監督が「満点」と総括した宮崎キャンプ。事前に指揮官が打ち出した策が、的中したと感じる春だった。指揮官は年明けからレギュラーの固定を理想とし「空いているのは一塁、二塁、捕手」と明言し続けた。ニンジンをぶら下げつつ、そのポジションの選手に「今のままじゃ全然物足りない」と言ったようなものだ。

 そしてこの春。二塁のハイレベルな競争は言わずもがな。捕手では相変わらずの強肩を誇る小林、実績十分の炭谷に、大城は打棒で猛アピール。岸田も攻守にわたるしぶといプレーで、原監督から「岸田もすごくよく映る」とお褒めの言葉を引き出した。

 一塁は思いも寄らぬ陽、亀井の“参戦”で、にわかに最激戦区に。売り出し中のモタにしても、前評判は「当たれば飛ぶけど当たらない」。だが、ボール球を見逃す形もよく、変化球にもうまく対応している姿には指揮官も喜び半分、驚き半分の表情を浮かべた。

 これらのポジションに先発投手陣も含め、確固たる選手が足りないことは確かに不安材料だった。それを逆手にとったのは指揮官のメディアを通じた“魔法の言葉”。切磋琢磨(せっさたくま)は、当該選手の反骨心だったように思える。(巨人担当キャップ・西村 茂展)

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請