【巨人】育成・沼田、那覇キャンプ行きの最後の切符つかみ取った

沼田翔平
沼田翔平

 巨人育成の沼田翔平投手(19)が、那覇キャンプ行きの最後の切符をつかみ取った。紅白戦などでの、1軍首脳陣へのアピールが実った形だ。

 それでも沼田に浮かれた様子はなかった。「これからなので」。報道陣に意気込みを聞かれても、淡々と答えた。だが、宮本投手チーフコーチからの評価は高く「しっかりストライクも取れますし、強い真っすぐも投げられるし。安定してますよね。いずれは先発、中継ぎ、クローザーと。伸びしろのある選手だと思うので、どこでもいきたいなと思う」と可能性を見いだしている。

 沼田は1軍キャンプに向け「全部を見てほしい」と鼻息は荒い。9日の紅白戦では、7回に5番手として登板。1回を無失点と好投を披露。12日は原監督らが見守る中、1軍のサンライズブルペン入り。力のある球を投げ込み、アピールに成功した。「いつも通り全力でいきます」。次は支配下登録を勝ち取る。

 ◆沼田 翔平(ぬまた・しょうへい)2000年6月24日、北海道・旭川市生まれ。19歳。旭川神居中1年から本格的に野球を始める。旭川大高では1年春から背番号14でベンチ入り。18年夏の甲子園では佐久長聖(長野)との1回戦に先発し、8回4失点(自責0)。18年育成ドラフト3位で入団。175センチ、65キロ。右投右打。

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請