「見え方すぐ元の状態に戻る」と新日リングドクター・林督元氏…右眼窩底骨折手術の桃田

桃田賢斗
桃田賢斗

 今年1月のマレーシア遠征中の交通事故で負傷し、今月8日に右眼窩(がんか)底骨折の手術を受けたバドミントン男子シングルスの桃田賢斗(25)=NTT東日本=が13日、術後入院中だった病院から退院した。所属チームが明らかにした。

 林督元氏(医師、新日本プロレスリングドクター)「術後5日での退院は順調です。手足は普通に動かせると思うのでジョギングなど今まで通りのトレーニングを開始していい。ただ、目はしばらくの間は、安静にすることに集中してほしい。見え方に関しては、すぐに元の状態に戻ると思う。元に戻ったら、主にいろいろな方向を見て眼球を動かすといったリハビリを行っていく必要がある。5月のトマス杯、6月のインドネシアオープンまでは期間があるので、トラブルがない限り間に合うはず」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請