【札幌】MF檀崎、生き残りへ「絶対モノにする」16日ルヴァン杯鳥栖戦で先発へ

ドリブルで前線に出る札幌MF檀崎
ドリブルで前線に出る札幌MF檀崎

 J1北海道コンサドーレ札幌MF檀崎竜孔(19)が、生き残りをかけピッチに立つ。熊本キャンプ中の札幌は13日、えがお健康スタジアムで紅白戦などを行った。主力組の右ウイングバック(WB)に入った檀崎は、先発が確実な今季初公式戦のルヴァン杯・鳥栖戦(16日)へ「これを逃すと次のチャンスはないくらいの覚悟でいる。絶対ものにしたい」と決意を言葉にした。

 プロ1年目の昨季は、ルヴァン杯のグループSからプレーオフS第1戦まで7試合連続先発。3戦目の湘南戦でプロ初得点も挙げた。しかし以降は途中出場1試合のみ。リーグ戦も後半戦はベンチ入りできなかった。「試合が進むごとに出場機会が減った悔しさがあった」。2年目の今年、勢いは簡単にうせさせない。「ルヴァンで活躍すればリーグ戦も見えてくる。まずはチームの勝利。その中で自分の評価を上げられるよう準備したい」。鳥栖戦は立ち位置を変えるきっかけとする。

 昨季まで務めたのはシャドー。WBの経験はほとんどなかったが、今年はキャンプの実戦から務め続けてきた。「不慣れなところはあるが、僕は考え過ぎると駄目。難しく捉えず、ドリブル突破や運動量など持ち味をしっかり出していけばいい」。90分間走り、戦い続け、檀崎がチャンスメークしていく。(砂田 秀人)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請