馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京

【京都記念】矢作調教師への感謝と自信胸に坂井騎手、ドレッドノータス重賞3勝目に導く!得意の京都、雨予報プラス

上昇カーブを描くドレッドノータス(右)が重賞3勝目に挑む
上昇カーブを描くドレッドノータス(右)が重賞3勝目に挑む

◆第113回京都記念・G2(2月16日・芝2200メートル、京都競馬場)

 第113回京都記念・G2(16日、京都)の出走馬が13日、確定した。自厩舎のドレッドノータスに騎乗する坂井瑠星騎手(22)=栗東・矢作厩舎=は、G1で喫した大敗からの巻き返しに自信を見せた。

 感謝の気持ちと自信を胸に、坂井はドレッドノータスにまたがる。昨年の京都大賞典は、11番人気の低評価を覆す好騎乗。ハービンジャー産駒を15年の京都2歳S以来となる重賞制覇に導いた。所属する矢作厩舎の管理馬で重賞を勝ったのは、自身初めてのことだった。

 「京都2歳Sを勝った時は、まだ競馬学校にいました。4年後に自分が乗るとは思っていなかったし、続けて乗せてもらえることはありがたいです」。11日に新規騎手免許試験に4人が合格し、3月から後輩が増える。今年5年目を迎えた成長株は、初心に戻ったような表情で声に力を込めた。

 前走の天皇賞・秋は16着と大敗したが、状態は上向きだ。2週連続で騎乗した12日の最終追い切りは、馬なりでタイセイトレイル(古馬オープン)と併走。6ハロン86秒3―12秒2で軽快に駆け抜けた。3戦連続でコンビを組む相棒の背中から伝わった確かな感触。「今回は(勝った京都大賞典から1キロ増の)57キロですし、相手にG1馬もいる。ただ、状態はすごくいいと思う。京都大賞典のときよりいいです」と太鼓判を押した。

 条件面も巻き返しを後押しする。重賞2勝、オープン特別1勝を含む【4112】と得意の京都に戻ることに加え、週末は雨予報。稍重、重馬場で【1132】と歓迎だ。「他の競馬場がダメということはないですが、京都での成績はいいですから」と、坂井は自信をのぞかせた。22歳の若武者は、今年も厩舎に恩返しする。(牟禮 聡志)

 ◆坂井 瑠星(さかい・りゅうせい)1997年5月31日、東京都生まれ。22歳。栗東・矢作芳人厩舎所属。16年にデビューし、JRA通算104勝。重賞は19年報知杯フィリーズレビュー(ノーワン)、京都大賞典(ドレッドノータス)、中日新聞杯(サトノガーネット)の通算3勝。167・5センチ、44・3キロ。血液型O。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請