【オリックス】新外国人ヒギンスがカーブ本邦初披露「すごく感覚が良かった」

宮崎キャンプで3度目のブルペン投球を行った新外国人のヒギンス
宮崎キャンプで3度目のブルペン投球を行った新外国人のヒギンス

 オリックスの新外国人、タイラー・ヒギンス投手(28)=パドレス傘下3A=が13日、宮崎キャンプで3度目のブルペン投球を行った。外国人らしい重量感のあるボールが、ズシリとミットに収まった。この日は、初めてカーブを披露。「カーブはもともと投げている球種。自分の武器がどのように投げられるか、今日は日本で初めて投げてみた。すごく感覚が良かった」と手応えを明かした。

 セットアッパーとしての自身の役割を意識した、試合レベルでの調整段階にも入ってきた。この日は36球を投じたが、間にあえて休憩を挟み2イニングのイメージで“登板”。「15球くらい投げて、休憩してから、また15球。目的は回またぎ。準備は徐々にできてきているよ」と笑みをこぼした。球速もまだまだ上がると自信たっぷり。勝利の方程式構築を期待される助っ人右腕に注目だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請