タイガー服部ヒストリー【4】「長州力、天龍源一郎との出会い」…2・19後楽園で引退記念大会  

長州力(右は藤波辰爾)
長州力(右は藤波辰爾)

 新日本プロレスのタイガー服部レフェリー(74)が19日の後楽園ホール大会でおよそ44年に及ぶレフェリー生活から引退する。明大レスリング部時代に全日本選手権優勝など輝かしい実績を残し、1970年代に米国でプロレス界に飛び込んだ。服部氏自身によると76年にレフェリーとしてのキャリアがスタート。以来、全日本、新日本、ジャパンプロレスでレフェリーを務め、90年代に入るとメインレフェリーとして新日本の黄金時代を支えてきた。新日本は、長年の功績をたたえ「引退記念大会」を19日に後楽園で開催。記念の興行を前に「WEB報知」では服部レフェリーを独占インタビュー。「タイガー服部ヒストリー」と題し19日の引退興行当日まで連載します。第4回目は「長州力、天龍源一郎との出会い」。

 服部正男がレフェリーとしてのキャリアをスタートさせた1976年ごろ、フロリダにはジャイアント馬場が率いる全日本プロレスのレスラーが遠征に来ていた。

 「馬場さんも当時、外国人のブッキングの仕事もあってフロリダによく来てたよ。選手も日本から送ってきて、大熊(元司)さん、マシオ駒さん、ミスター林さんとかいろんな人が来てね。馬場さんには、すごく良くしてもらったよ」

 馬場が送り込んだ選手の中に大相撲を引退して全日本に入団したばかりの天龍源一郎がいた。天龍は中学2年で大相撲の二所ノ関部屋に入門し65年夏場所で初土俵を踏んだ。74年初場所には前頭筆頭まで番付を上げたが、部屋の後継者問題の影響で76年秋場所を最後に大相撲を引退しプロレスラーに転向した。馬場は、ちょんまげが残ったままの天龍をプロレスラーとして修業させるため、フロリダへ送り込んだのだ。

 「馬場さんから“今度、お相撲さんを送るから服部君、頼むね”って言われてね。どういう人なのか分からなかったんだけど、それで来たのが天龍さんだった。だけど、その時の天龍さんは、プロレスの世界では子供で何も知らなかったよ。何もできなかったからね。だって、相撲で受け身の上手いヤツはいいって言われないけど、プロレスで受け身を取れないとケガするからね。相撲で前頭筆頭までいったプライドがあったと思うんだけど、プロレスを覚えようとしてもの凄い苦労していたし本当に努力してたよ。あれは、今、思い出しても偉いよ」

 服部は、努力する天龍からプロレスの奥深さを教えられたという。

 「プロレスラーでいいレスラーってオレに言わせれば、顔を見たら分かるよ。逆にダメなヤツも顔を見たら分かる。いくら教えてもうまくならないヤツはならないしね。やっぱり天性ってあるんだよ。だけど、それだけじゃなくて努力もあるんだよね。それを教えられたのが天龍さんだった」

 76年秋に天龍が修業に来る前にフロリダに入ったのが長州力だった。長州は、専大時代にレスリングでミュンヘン五輪に出場。73年12月に鳴り物入りで新日本プロレスに入団した。74年8月8日に本名の「吉田光雄」のリングネームでデビュー戦を行い、すぐに欧州へ武者修業に出た。75年から米国へ転戦しフロリダへ入った。服部は、この時、長州と初めて出会った。

 「あいつは専修、オレは明治でレスリング部だったから、先輩、同級生、後輩とか共通の知り合いが多くて、そんな話をしていたら仲良くなったんだよ。そのころにオレはあいつを「光雄」って呼んで、あいつはオレを「正男」って呼ぶようになって今もそれは変わらないんだよね。だけど、あのころ、あいつは“日本に帰りたくない”って言って、帰らないでカナダへ行ったりしてたよ」

 当時、新日本はタンパに住むカール・ゴッチと外国人選手のブッキング、選手の指導などで太いパイプを築いていた。ゴッチの自宅は「ゴッチ道場」と呼ばれ、藤波辰爾、佐山サトル、藤原喜明、前田日明らが海外武者修業時代に門下生となり肉体を鍛え技術を学んだ。タンパに渡った長州もゴッチ道場で練習するはずだった。

 「オレに言わせたら、ゴッチさんには、ゴッチ流のプロレスがあって、それが光雄は好きじゃなかったんだよ。だから、ゴッチさんの所へ行っても戸惑いがあったよね。トレーニングしても逃げてきて、オレたちがいるマツダさんの道場へ来てたよ。ゴッチさんも怒ってね、ある時なんか光雄を部屋に閉じ込めて、カギをかけて2時間ぐらい出られないようにしたこともあったよね。だけど、あいつは、出てきたらケロっとしてね(笑)。また、こっちに遊びに来てたよ」

 鳴り物入りで入団した長州だったが82年10月に「かませ犬」発言で藤波へ反旗を翻すまでは、人気は低迷していた。

 「光雄は、レスリングで五輪に出るぐらいの実力を持っているからバックグラウンドが凄いんだよ。だけど、あの当時はプロレスとアマレスの違いを理解していなかったよ。勘違いしていたんじゃないかな。それでだんだん、プロレスに対して目が覚めてきて、あの藤波さんとの試合になったんだよね。そこには、マサ(斎藤)さんの影響が絶対あった。光雄がニューヨークに行った時にマサさんと出会ったんだけど、その時にマサさんがプロレスラーとしての感性を教えていたよね」

 フロリダで馬場との交流を深めた服部は、1980年の世界最強タッグでレフェリーとして全日本に招聘された。

 「オレが最初に日本へ行ったのは暮れの全日本の最強タッグだったんだよ。だけど、それが終わった時に光雄が“そっちをやめて、こっちへ来いよ”って新日本へ連れて行ってくれたんだよ。それで、馬場さんと奥さんの元子さんに新日本で仕事をしますってあいさつしたんだけど、恨まれちゃってね(苦笑)。あれには参ったよ」

 以来、長州と行動を共にする。85年には長州が新日本を離脱するとジャパンプロレスに参加し全日本マットでレフェリーを務め、87年に長州が新日本へ復帰してからは、メインレフェリーとして90年代のドームツアー全盛の黄金時代を支えた。

 「光雄には、よくしてもらったよ」

 引退を目前に控え改めて感謝の思いを明かす服部。次回は、レフェリー人生で忘れられない最高のレスラーを明かす。(続く。敬称略。取材・構成 福留 崇広)

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請