「EBiDAN」が卓球ドラマ…新プロジェクト第1弾、日テレ系4月スタート

卓球戦国時代の東京を舞台にしたドラマに出演する恵比寿学園男子部(EBiDAN)
卓球戦国時代の東京を舞台にしたドラマに出演する恵比寿学園男子部(EBiDAN)

 大手芸能事務所・スターダストプロモーションに所属する若手俳優集団「恵比寿学園男子部(EBiDAN)」の新プロジェクトが始動することが12日、分かった。4月から日本テレビ系深夜ドラマ「FAKE MOTION ―卓球の王将―」(放送枠未定、関東地区)がスタート。その主題歌「FAKE MOTION」(4月1日発売)を務めることも決まった。年内にさまざまな発表が控えており、飛躍の年になりそうだ。

 EBiDANは、リョウガ(25)らの超特急、北村匠海(22)らのDISH//、佐野勇斗(21)らのM!LK、古川毅(19)らのSUPER★DRAGONら総勢60人ほどで構成されたアーティスト集団。イケメン、個性派、演技派―。多種多様な若手俳優陣が2020年に大きなうねりを起こす。

 その第1弾がオリジナル脚本による連ドラ。20XX年、空前の卓球ブームに沸き、物事の優劣を決めるのは勉強やケンカの強さではなく、なんと“卓球の勝敗”。卓球ランクが下位の高校は、上位校に絶対服従という「卓球戦国時代」の東京を舞台に、壮絶なピンポンバトル、熱い友情と絆を描く。

 全国優勝を目指す恵比寿長門学園を軸に、完全無欠の王者・薩川大学付属渋谷高校、凶悪な不良高校でダークホースの一角・都立八王子南工業高校が絡み合うストーリー。エビ高卓球部の高杉律(佐野)、桂光太郎(古川)、松陰久志(北村)は肩身の狭い思いをする全校生徒の自由を取り戻すため奮起する。

 佐野は映画「ミックス。」(17年)で卓球経験があったが、他のメンバーは撮影1か月前から猛練習。空き時間が少しでもあれば、卓球に取り組んだ。佐野は「EBiDANが好きな方、卓球を好きな方にも楽しんでいただける」と自信。北村は「EBiDAN初の試み。応援してくれている皆さん、これで初めて僕らを知る方もいると思う。一つの青春ドラマとして楽しんでいただけたら」と話した。古川も「先輩後輩のEBiDANと芝居をすることで、普段とは違う形で作品を作れました」と刺激を得た様子だ。

 主題歌も担当し、佐野、古川、北村、松尾太陽(たかし、23)、森崎ウィン(29)、板垣瑞生(19)による特別ユニット「King of Ping Pong」名義で「FAKE MOTION」を歌う。マルチクリエイター・まふまふのプロデュース。卓球の効果音を取り入れた臨場感あふれるサウンドに仕上がった。今後も、さまざまな展開が控えており、EBiDANがエンターテインメント界の台風の目となりそうだ。

 ◆駆け引き意識

 主題歌について、まふまふは「勝負の駆け引き、対人関係の駆け引きが大切になってくると思い、そちらを意識して書かせていただきました」とコメント。恵比寿長門学園のテーマソング「疾風迅雷」も手掛けた。漫画家・おげれつたなかがキャラクターデザインを担当。「魅力あるキャラクターと音楽、卓球、どんな展開になっていくのか楽しみ」と期待を寄せた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請