高須院長、新型肺炎が「COVID―19」と命名されたことに「こんな名前つけて、ずるいや」

高須克弥院長
高須克弥院長

 高須クリニックの高須克弥院長が12日、自身のツイッターを更新した。

 高須氏は、WHOのテドロス事務局長が新型コロナウイルスの感染による病状を「COVID―19」と名付けたと発表したネット記事を貼り付け見解を示した。

 高須氏はツイッターで「こんな名前つけて、ずるいや。中国とか武漢は連想できん」と指摘していた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請