野村克也さん、「徹子の部屋」に出演…沙知代さんへの思いを語る「ウチは典型的なかかあ天下…だけど良かった」…先月20日に収録

スポーツ報知
野村克也さん

 戦後初の3冠王となり、指導者としても3度の日本一に輝いた名将で11日午前3時半、虚血性心不全のため84歳で死去した野村克也さんが12日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金・正午)に息子の野村克則・楽天一軍作戦コーチ(46)と共に出演した。

 この放送は1月20日に収録され未放送だったが、野村さんの急逝を受け「追悼・野村克也さん」と題し予定を変更し、この日放送することになった。

 放送では「今年1月20日収録」「緊急放送…逝く22日前に愛息と」とのテロップを掲載し、司会の黒柳徹子から亡くなった妻・沙知代さんへの思いを聞かれ「歯に衣きせぬ言いたいことを言った人ですから」と笑い「女性上位の国は栄えるって言葉がありますけど、ウチは典型的なかかあ天下ですから。だけど良かったと思います」など愛妻への思いを明かしていた。

 さらに沙知代さんが亡くなった時の秘話を披露。亡くなる直前に手を握ったことを振り返り「長い間、闘病生活で苦しんでじゃなくて本当にぽっくりでしたから…心の準備がまったくできてなかった。いきなり逝ったんでしばらくの間気持ちの整理がなかなかつかなかった」と漏らしていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×