タイガー服部ヒストリー【1】「プロレスと出会ったフロリダ州タンパ」…2・19後楽園で引退記念大会 

タイガー服部レフェリー
タイガー服部レフェリー

 新日本プロレスのタイガー服部レフェリー(74)が19日の後楽園ホール大会でおよそ44年に及ぶレフェリー生活から引退する。明大レスリング部時代に全日本選手権優勝など輝かしい実績を残し、1970年代に米国でプロレス界に飛び込んだ。服部氏自身によると76年にレフェリーとしてのキャリアがスタート。以来、全日本、新日本、ジャパンプロレスでレフェリーを務め、90年代に入るとメインレフェリーとして新日本の黄金時代を支えてきた。新日本は、長年の功績をたたえ19日に後楽園で「引退記念大会」を開催。記念の興行を前に「WEB報知」では服部レフェリーを独占インタビュー。「タイガー服部ヒストリー」と題し19日の引退興行当日まで連載します。第1回目は「プロレスと出会ったフロリダ州タンパ」。

 タイガー服部、本名・服部正男がレスリングと出会ったのは、中3の時だった。

 1945年7月20日に東京都中央区入船で生まれた服部は、現在は廃校になった中央区立鉄砲洲小学校を卒業後、文海中学(現在は廃校)に進み3年時に江戸川区へ引っ越し瑞江中に転向した。

 「その中学で知り合った先生が国士舘大学のレスリング部のOBの先生で“レスリングをやれ“って言われてね。だけど、中学にレスリング部がないから、新小岩に当時あった岩田道場っていう柔道の道場に入ったんだよ」

 中学時代の恩師からレスリングを勧められたが部活動にはなく、いつかはレスリングをやるつもりで柔道の道場に通った。ところが、進学した江戸川高校にもレスリング部はなく柔道部へ入部し、3年間で三段まで昇段する実力を付けた。そして、念願だったレスリングを始めたのは明大へ進んだ後だった。

 「本当は国士舘に行くつもりだったんだけど、明治を受験したら法学部に補欠で合格してね。それで明治もレスリング部があるからっていうんで明治に入ったんだよね」

 東京五輪が開催された1964年に服部は明大レスリング部に入った。当時の監督は、1956年のメルボルン五輪でレスリング67キロ級銀メダルの笠原茂だった。そして、4年生には東京五輪に出場した斎藤昌典、後のマサ斎藤がいた。

 「マサさんは、1年の時の4年生ですから神様みたいな存在だよ。とにかくまじめで練習から一切、手を抜かなかったね。レスリングは笠原先生に教えられて、1年から合宿所に入ったんだけど、一度も勝つことはできなくてね。ただ、やっぱり、いい先生がいると生徒は伸びるんだよね。笠原先生の指導のおかげで2年になると新人戦で優勝したんだよね」

 レスリングの才能が開花した服部は、3年になった66年にグレコローマンの57キロ級で全日本学生選手権を制覇。さらに大分県で開催された国体、全日本選手権で優勝し日本一に輝いた。学生選手権は4年時にも制覇するなど実績を残したが68年のメキシコ五輪代表には選ばれなかった。卒業した翌年の69年にアルゼンチンのマルデルプラタで行われたレスリング世界選手権でグレコローマン57キロ級の日本代表で出場した。世界一を目指したが結果は4位に終わった。

 「負けちゃったから、日本に帰りたくないと思ってね。もともと、その大会が終わった後にアメリカに残るつもりだったから、アルゼンチンからメキシコへ行ってサンフランシスコに流れたんだよ。そこで鉄板焼きのBENIHANAを経営していたロッキー青木さんに何日間かお世話になって“お前、料理やらないか?”って言われたんだけど嫌だからやらなくてレスリングでアメリカを転戦したんだよね」

 この時、共に行動したのが当時、日体大の学生で現在、日体大の理事長を務める松浪健四郎と当時、法大の学生で現在、レスリング道場「木口道場」を主宰する木口宣昭だった。

 「木口、松浪と一緒に転戦してシカゴに入ったんだよね。その近郊にエバンストンっていう町があって、そこにノースウエスタン大学っていう優秀な学校があってね。そこのレスリング部のコーチがアルゼンチンの世界選手権で知り合ったケン・クラフトっていう男で彼から“学生にレスリングを教えて欲しい”って頼まれてアシスタントコーチを約1年ぐらいやったんだよね」

 現地には、日本レスリング協会会長の八田一朗の次男・忠朗も滞在しており、交流を深めたという。一方、行動を共にしていた松浪健四郎は、ニューヨークで柔道、レスリングを指導していた。

 「その時にニューヨークへ行ったら松浪は、ニューヨーク・アスレチック・クラブっていうところで指導していたんだけど、専修大学の大学院へ行くから日本へ帰るって言われて、それでオレが松浪の後を引き継いでニューヨークで教えるようになったんです。その時に指導だけじゃなくて試合にも出て、勝ち進んじゃって、全米選手権に出ることになったんだよね。それが1970年、開催地がたまたまフロリダのタンパでね。その大会のスポンサーがチャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダっていうエディ・グラハムが社長でやっている会社でね。プロレスの会社がレスリング大会のスポンサーをやっていたっていうわけなんだよ」

 レスリングの選手兼コーチだった服部正男がたまたま出場した全米選手権。タンパでの開催という運命がプロレスと接点を持つことになる。(続く。敬称略。取材・構成 福留 崇広)

格闘技

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請