蝶野正洋、デビュー35周年イベント開催「滑舌の悪い先輩たちをキャスティングしています」…5・10ニッショーホール

会見した蝶野正洋
会見した蝶野正洋

 “黒のカリスマ”蝶野正洋(56)が、5月10日に東京・虎ノ門の日本消防会館(ニッショーホール)でデビュー35周年イベント「CHONO35」を開催することが11日、決定した。

 1984年4月に新日本プロレスに入門し、同年10月5日、埼玉・越谷市体育館での武藤敬司戦でデビューした蝶野。昨年、デビュー35年を迎えたことから今回、35周年記念イベントを開催することになった。イベントでは、プロレスラー、YouTuberらとのトーク、さらに2010年から取り組んでいる「AED救急救命講習」、「地域防災計画」の啓発などが行われる。

 この日、都内で会見した蝶野は「消防を知ってもらおうということで消防会館でイベントをやります。AEDの啓発、地域防災の講習を消防の方々と行います」と明かした。その上でトークでは「滑舌の悪い先輩たちをキャスティングしています。それと人気YouTuberもキャスティングしています」と話していた。

 また、今月13日には、初の自伝「自叙伝蝶野正洋―I am CHONO―」(竹書房。税別2100円)を出版する。今回の自伝に蝶野は「プロレス35年。いろんなことを教わって、興行界、マスコミ、家族、友人を振り返って書いています。新日本で25年やってきたことが中心に書かれています。あと今、活動している啓発活動もどういった流れで携わったのかも書いています」と明かしていた。

 さらに動画サイト「YouTube」で公式チャンネル「CHONO Network」を開設しYouTuberとしてデビューした。「若い世代に対して伝えないといけないこということで立ち上げました。動画を使った形で啓発を進めていきたい」とした上で「啓発だけでは見てくれないんで滑舌の悪い先輩たちとかも呼んでいます。その時は字幕を入れます」と笑わせていた。デビュー36年を迎え活字からネットまで黒で塗りつぶしていく。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請