藤井聡太七段、朝日杯準決勝で敗れ、史上2人目の3連覇ならず

大盤で対局を振り返った藤井聡太七段(中央)と勝った千田翔太七段(左)
大盤で対局を振り返った藤井聡太七段(中央)と勝った千田翔太七段(左)

 将棋の第13回朝日杯オープン戦の準決勝が11日、東京・千代田区の有楽町朝日ホールで指され、後手番の高校生プロ・藤井聡太七段(17)は千田翔太七段(25)に115手で敗れ、初参加の第11回(2017年度)からの3連覇を逃した。

 千田七段とは、過去の対局で2勝0敗と相性が良かった藤井七段。早指し(持ち時間40分)も得意としており、第7~9回(13~15年度)の羽生善治九段(49)以来、史上2人目となる同棋戦3連覇に期待がかかっていたが、快挙達成を阻まれた。

 藤井七段は序盤から時間を使う苦しい展開。対局開始から約45分で持ち時間を使い切り、1分将棋に持ち込まれた。一方の千田七段はテンポの良い指し回しで、藤井七段を追い詰めた。

 対局後、藤井七段は「形勢が苦しかった。(千田七段に)強く踏み込まれ、幾つか分岐点もあったのですが、正しい手を選択することができなかったかな、と思いました」。3連覇を逃したことについては「また、実力をつけて頑張りたいと思います」と、気持ちを入れ替え、前を見据えた。

 千田七段は13年にプロ入り。14年には新人賞、16年には年間最多勝利を挙げるなど、若手実力者として知られている。また、AI研究の申し子とも呼ばれ、藤井七段は16年の三段リーグ在籍時に千田七段の勧めでAI研究を導入。棋力を飛躍的に伸ばしたが、今回は“先輩”が一矢報いる形となった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請