将棋・女流名人戦始まる

初手をさす谷口由紀女流三段(左は後手・里見香奈女流名人)(カメラ・谷口 健二)
初手をさす谷口由紀女流三段(左は後手・里見香奈女流名人)(カメラ・谷口 健二)

 将棋「第46期 岡田美術館杯 女流名人戦」(主催=報知新聞社・日本将棋連盟、特別協賛=ユニバーサルエンターテインメント、協賛=トラベルシリウス、写光レンタル販売)の5番勝負第3局が11日午前9時、岡山県真庭市の「湯原国際観光ホテル 菊之湯」で始まった。

 5番勝負の行方を左右する祝日決戦。開幕2連勝で女流史上最多の11連覇に王手をかけている里見香奈女流名人(27)=清麗、女流王位、倉敷藤花=と、もう後がない挑戦者・谷口由紀女流三段(26)が盤を挟んで向き合った。

 同タイトルの湯原での対局は3年ぶり。招待者・関係者らの熱い視線が注がれる中、先手の谷口女流三段が10秒ほど考えて初手を5六歩と指し、ゴキゲン中飛車を選択すると、里見女流名人は角道を開けた後に、2二に飛車を振った。

 立会人を務めた村山慈明(やすあき)七段(35)は10日の前夜祭で「ここまで2戦は女流名人が力を見せているが、谷口女流三段も対局ごとに内容がよくなってきている。第2局は後手番だったが積極的に将棋を作った。負けはしましたが、手ごたえをつかんだのでは」と逆襲に期待していた。

 持ち時間は各3時間(昼食休憩挟む)。終局は夕方になる見込み。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請