「夏の若者たち」の作者が死去…ロジャー・カーン氏、92歳

 「The BOYS OF SUMMER」の表紙
 「The BOYS OF SUMMER」の表紙

 1957年までブルックリンに本拠を置いていたドジャースのナインの当時とその後を追った作品「The Boys of Summer」(邦題・夏の若者たち」の作者で知られるロジャー・カーン氏が6日、ニューヨーク州の施設で老衰のため亡くなった。92歳だった。

 1927年、ブルックリン生まれの同氏は歴史の先生で野球ファンだった父親の影響で野球に親しみを覚え、ニューヨーク大から52年に当時あったニューヨーク・ヘラルド・トリビューン紙に入社し、ドジャースと当時同じようにニューヨークにあったジャイアンツ担当となった。その後、ニューズウィーク、エスクワイアなどの雑誌にも寄稿。ベースボールライターの第一人者となった。

 1972年に、かつて何度もヤンキースとワールドシリーズで敗れ去ったブルックリン・ドジャースのナインへの思いを込めた「夏の…」はベストセラーとなった。約20冊の本を出しているが大半は野球を題材にしており、日本では、他に「輝けるアメリカ野球―球史を飾る男たちのドラマ」、「ひと夏の冒険」などが翻訳され出版されている。なお、前述の「夏の…」は、2002年にスポーツ・イラストレイテッド誌が発表した、全米のスポーツ書籍トップ100の第2位に選出された。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請