羽生結弦が初V「四大陸フィギュア男子フリー」瞬間最高22・0%、平均14・5%の高視聴率

羽生結弦
羽生結弦

 羽生結弦(25)=ANA=が初優勝を飾った9日放送のフジテレビ系「四大陸フィギュアスケート選手権2020 男子フリー」(後8時)の平均視聴率が14・5%だったことが10日、分かった。

 瞬間最高視聴率は午後9時29分、22・0%の高数字をマーク。ショートプログラム(SP)で世界最高得点を記録した羽生が、フリーで2年ぶりに「SEIMEI」を演じ、得点が出た場面だった。

 なお、7日に同局で放送された「男子SP」(後8時)は平均視聴率12・1%を記録。午後9時43分、羽生が「バラード第1番」のSP演技を終え、得点を待つキスアンドクライに座っている場面だった。

 羽生はこの大会でSP世界最高得点の111・82点をマーク。フリーはミスがあったものの187・60点をマークし、合計299・42点で初優勝した。羽生はこの優勝で、ジュニアの世界選手権、GPファイナルとシニアの五輪、世界選手権、GPファイナル、四大陸選手権(もしくは欧州選手権)を合わせた6冠をキャリアの中で制する「スーパースラム」を男子で初めて達成した。

 また、8日に同局で放送された「女子フリー」(後7時)は平均視聴率11・5%。瞬間最高視聴率は午後8時1分の20・1%。紀平梨花(17)=関大KFSC=のフリー得点が出て、男女通じて初の大会連覇達成が決まった場面だった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請