バンドリ!待ちわびたファンに圧巻のステージ…「RAISE A SUILEN」静岡初単独で熱いライブ 7月に初舞台も決定

静岡初単独ライブを行ったRAISE A SUILENの(左から)パレオ役・倉知玲鳳、マスキング役・夏芽、レイヤ役・Raychell、チュチュ役・紡木吏佐、ロック役・小原莉子(C)BanG Dream! Project Photo:畑 聡
静岡初単独ライブを行ったRAISE A SUILENの(左から)パレオ役・倉知玲鳳、マスキング役・夏芽、レイヤ役・Raychell、チュチュ役・紡木吏佐、ロック役・小原莉子(C)BanG Dream! Project Photo:畑 聡

 キャラクターとリアルライブがリンクする次世代ガールズバンドプロジェクト「BanG Dream!」(バンドリ!)発のリアルガールズバンド、RAISE A SUILEN(レイズアスイレン=RAS)が9日、静岡・エコパアリーナで2020年初のライブを行った。

 静岡で初の単独ライブとなったこの日は、機材トラブルに見舞われ開演時間が約1時間遅れた。ライブらしいアクシデントではあるが、開演が遅れたにもかかわらず会場を埋めたバンドリーマー(バンドリ! ファンの愛称)に、ベース&ボーカルのRaychellは「この瞬間の私たちには今しか会えない。私たちに会いに来てくれて、本当にありがとう。2020年もBanG Dream!を、RAISE A SUILENを応援してください」と感謝の言葉を口にした。最新曲「DRIVE US CRAZY」からラストの「R・I・O・T」まで、全16曲にバンドリーマーは大きな声援を送り、メンバーも熱いパフォーマンスで応えた。

 ライブや楽曲にとどまらず、RASがついに舞台へと進出することも明らかになった。7月15~19日、RASのメンバー全員が出演する舞台「We are RAISE A SUILEN~BanG Dream! The Stage~」が天王洲銀河劇場で上演される。「月刊ブシロード」誌で連載中のRASのバンドストーリーのコミカライズ版を舞台化したもので、5人のほか、バンドリ!発のリアルバンド、Poppin’Partyの花園たえ役・大塚紗英の出演も決定。フィールドをさらに広げたRASの活動は、2020年もさらに熱くなりそうだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請