羽生結弦は男子初の“スーパースラム”達成 観客の大歓声に「サランヘヨ~!」

フリーで演技する羽生結弦
フリーで演技する羽生結弦

◆フィギュアスケート 四大陸選手権 ◆最終日(9日、ソウル)

 男子フリーが行われ、羽生結弦(25)=ANA=が187・60点、合計299・42点で初優勝。ジュニアを含めた主要国際大会を完全制覇する男子初の“スーパースラム”を達成した。

 ◆羽生に聞く

 ―男子選手として初めて達成

 「フリーは満足できる演技ではなかったんですけども、それでもみなさんの声援のおかげで、なんとか初めて四大陸勝つことができました。本当にありがとうございました」

 ―18年平昌五輪以来の韓国での試合

 「緊張しました。今回みなさんご存じの通りに、コロナウイルスだとか、その他もろもろの問題で来れなかった人とか、あとは僕ら自身もすごくいろいろ注意したり、運営の方々もすごく注意したりしていたりしたので、僕らもなんかすごく緊張しました。でも、素晴らしい試合ができたのはみなさんの配慮だとか、スタッフのみなさんのおかげです。ありがとうございました」

 ―お祝いは?

 「楽しく、お祝いします!アニュハセヨ。サランヘヨ~!」

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請