羽生結弦、フリーは187・60点 合計299・42点で暫定首位に立つ

羽生結弦
羽生結弦

◆フィギュアスケート 四大陸選手権最終日(9日、ソウル・木洞アイスリンク)

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で世界最高得点の111・82点を記録し首位に立った羽生結弦(25)=ANA=は22番滑走で登場し、187・60点をマーク、合計299・42点で暫定首位にたった。

 シニアの国際大会初参戦ながらSPで91・61点の高得点をマーク、自己ベストで5位につけた鍵山優真(16)=星槎国際高横浜=は20番滑走で179・00点、合計270・61点だった。

 羽生の4分版のフリープログラム「SEIMEI」は、18年平昌五輪では負傷のため回避した4回転ルッツを入れた神プログラム。昨季のルール改正で演技時間が30秒短い4分になったため、伝説のプログラムの原型を残しつつ、新しく生まれ変わった。演技後半は曲のテンポを少し上げ、象徴的なシーンを残した。ジャンプを前半にまとめ、助走を削る工夫もほどこした。

 羽生は優勝すると、ジュニアの世界選手権、GPファイナルとシニアの五輪、世界選手権、GPファイナル、四大陸選手権(もしくは欧州選手権)を合わせた6冠をキャリアの中で制する「スーパースラム」を男子で初めて達成することになる。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請