松本人志、鈴木杏樹の不倫報道に「クレームばっかり吸い上げていたら誰もテレビ出られなくなる」

松本人志
松本人志

 「ダウンタウン」の松本人志が9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演した。

 番組では、6日発売の週刊文春に不倫関係を報じられた女優の鈴木杏樹(50)と、劇団新派の俳優・喜多村緑郎(51)が、それぞれの所属事務所を通じて報道内容を認め、謝罪したことを報じた。

 鈴木は98年6月に外科医と結婚したが、13年に死別。喜多村は、13年に元宝塚歌劇団宙組トップスターの貴城けい(45)と結婚している。鈴木は「今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました」と釈明。「しかし、まだお別れが成立していない現状、今回の軽率な行動を真摯に反省し、今後ご迷惑をおかけすることのないよう慎みます」と心境をつづった。

 一方の喜多村は「わたくしの未熟さ故に多大なご迷惑をおかけ致しました。今回の出来事は全てわたくしの責任です。今後はもう一度、一から自分を深く見つめ直します」と猛省した。

 今回の報道に松本人志は「大喜利で言うたら、毎週毎週、不倫のお題で何個ボケさすねん」と笑わせ「いいイメージを世間にもたれすぎている人たちは、こういう風にたたかれますよね」と話した。

 その上で「役者さんを抱えている大手プロダクションは、普段から言ったらどうですかね?ウチのタレントは不倫してますよって」などと提案し「イメージを打開していかないと」と見解を示していた。

 さらに「よくない流れは不倫は犯罪じゃないのに、スポンサーとか局に『あんなん出すな』っていうじゃないですか?だから僕が不倫した時は、『松ちゃん不倫したけど、テレビ出してくれ』ってみんな電話してほしい」と笑わせ「そうやって流れ変えていかないと、クレームばっかり吸い上げていたら誰もテレビ出られなくなる」と訴えていた。

 続けて「あんなヤツ、テレビ出すなのクレイムがあるんでしょうけど、それをあまりにもくみ取り過ぎてませんか?と。それとは別にいい演技するし、好きだから不倫とは関係なくテレビ出して欲しいなということを言う人たちがもっと声をあげて電話すると流れ変わると思う」と訴えていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請