張本勲氏、史上最多、神戸と横浜MのPK9人連続失敗に「あっぱれだ。最後に決めた山口」

山口蛍
山口蛍

 野球評論家の張本勲氏が9日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演した。

 番組では、8日に行われたサッカー富士ゼロックススーパー杯で昨季の天皇杯王者・神戸が、J1チャンピオンの横浜Mとの大荒れのPK戦を制して初出場Vを達成した試合を放送した。

 試合は、3―3で90分間が終了。同大会9年ぶりのPK戦は、9人連続で失敗するJ主管試合最多記録となったが、神戸7人目の日本代表MF山口蛍(29)が決めて3―2で決着。クラブ2冠目を獲得し、初のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に挑むシーズンを好発進した。

 張本氏は「あっぱれだ。最後に決めた山口」とコメントした。その上で9人連続で失敗したPK戦を「聞いたら、だいたい高いでしょ蹴ったの。芝が高かったらしいんですよ。それは理由にならないですよプロだから」と指摘した上で「9回というのは珍しいよ」と話していた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請