中邑真輔がインターコンチネンタル王座リターンマッチへストローマンを襲撃

ストローマンを襲撃した中邑真輔(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.
ストローマンを襲撃した中邑真輔(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 WWEスマックダウンが7日(日本時間8日)、カリフォルニア州サンノゼのSAPセンターで開催された。

 インターコンチネンタル(IC)王座から陥落した中邑真輔(39)が新IC王者ブラウン・ストローマンを襲撃して2人の遺恨がさらに激化した。リングでのインタビューに答えたストローマンが「これが俺にとって初めてのシングル王座だ」と王座戴冠を誇ると、そこに中邑真輔&サミ・ゼインが登場した。ゼインは「ストローマンの勝利は不正だから再戦を要求する」と主張すると、ストローマンは「俺はいつでも防衛戦をやってやる。今からでもいいぞ」と自信をみせた。

 しかし、ゼインは「今夜はないな。俺たちは戦略的なんだよ」と言うと突如ザ・リバイバルが背後からストローマンを襲撃。さらに中邑がストローマンの顔面を踏みつけて痛めつけたが、ストローマンも暴れ出して右フックで中邑に反撃。さらにストローマンは逃げるゼインを追いかけたが、最後は中邑が必殺のキンシャサでストローマンをKOすると両腕を上げながら雄叫びを上げた。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請