前ヤクルト投手コーチ・田畑氏、BC富山で指導開始「遊び感覚」珍練習も導入

バドミントンのラケットを使って指導する田畑監督
バドミントンのラケットを使って指導する田畑監督

 BCリーグ・富山GRNサンダーバーズの合同自主トレが3日、ボールパーク高岡でスタートし、前ヤクルト投手コーチの田畑一也新監督(50)が指導を開始した。野手コーチの経験は無いが、華麗なノックを披露。田畑新監督は「(グラウンドで)ノックをするか分からないですが、楽しいですよ」と、明るい表情で選手にゲキを飛ばした。

 練習場の脇には野球道具に混じって、なんとバレーボール、テニスボール、バドミントンラケット、シャトル、サッカーボールがずらり。ラケットやテニスボールを使って腕の振り方を指導し、バレーボールはアタック練習でトレーニング。ティー打撃では重いソフトボールを使う。「野球しかやったことがないような選手も多いが、いろんな動きをすれば、野球にもつながる。遊び感覚でやってくれたら」と指揮官。吉田凌太アシスタントコーチ(21)は「選手は戸惑うのかなと思ったが、どんどん工夫している」と選手たちの反応も上々だ。

 今月末頃までに全選手が集まり、3月14日にキャンプ解禁、4月11日にリーグが開幕する。「技術をつけるためには、身体作りが必要。開幕までにしっかりと準備したい」と田畑監督。多彩なトレーニングで身体能力を引き上げる。(中田 康博)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請