野中生萌、赤色のニューヘアで五輪イヤー初戦に登場 「何か変えたかった」

ボルダリングジャパンカップ予選後、取材に応じる野中生萌
ボルダリングジャパンカップ予選後、取材に応じる野中生萌

◆スポーツクライミング ボルダリング・ジャパンカップ ◆第1日(8日、東京・駒沢屋内球技場)

 男女予選が行われ、前回覇者の野中生萌(みほう、22)=XFLAG=は苦戦を強いられ、12位で準決勝進出を決めた。東京五輪代表に決定している女子の野口啓代(30)、男子の楢崎智亜(23)=ともにTEAM au=も予選を突破した。準決勝と決勝は9日に行われる。

 大会連覇がかかる野中は、五輪イヤー初戦で髪を真っ赤に染めて登場。「2020年だし何か変えたかった。周囲から(赤が)好評だった」と、ニューヘアで気合い注入。予選は5課題中4課題を完登も、12位と思うような結果に結びつかず「結果だけ見ると単純によくはない。ただ、そんな大きなミスではないので、特に気にせず切り替えて気持ちを作っていきたい」と話した。

 

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請