紀平梨花が151・16点、合計232・34点で男女通じて初の大会連覇

フリーの演技をする紀平梨花(カメラ・矢口 亨)
フリーの演技をする紀平梨花(カメラ・矢口 亨)

◆フィギュアスケート 四大陸選手権 第3日(8日)

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(17)=関大KFSC=が151・16点、合計232・34点で、男女通じて初となる大会連覇を達成した。

 SP4位で18年大会覇者の坂本花織(19)=シスメックス=は129・72点、202・79点で5位。

 SP5位の樋口新葉(19)=明大=は試合で初めて3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)に挑戦。転倒したが、認定された。134・51点、合計207・46点で4位だった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請