【オリックス】守護神ディクソンが“大トリ”ブルペン入り「いい感じです」

投球練習をするブランドン・ディクソン(カメラ・義村 治子)
投球練習をするブランドン・ディクソン(カメラ・義村 治子)

 オリックスのブランドン・ディクソン投手(35)が8日、宮崎キャンプで初めてブルペン投球を行った。捕手を座らせて直球を20球。昨季に続きクローザーとして期待される来日8年目の助っ人右腕が、シーズン同様に投手陣のブルペン入りラストを締めた。

 昨季はシーズン途中から守護神の座に就き18セーブ。2勝1敗、5ホールドで防御率を3・03にまとめて、安定した成績を残した。現段階で西村監督は今季の正守護神に指名しており、ディクソンは「いい感じです。(プレミア12)の後は、旅行したりして家族との時間を過ごしました。休息期間を変えただけで、オフはいつも通りのトレーニング。信頼をつかんでこそ与えられるポジションだと思うので、その役割を与えられたからにはチームの責任を背負って投げないといけないという自覚が芽生えています」と意気込みを明かした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請