「フィギュアって楽しいな」…ユヅに聞く

SPで首位に立ち、金色のスモールメダルを贈られた羽生結弦(左は2位の金博洋、右は3位のジェイソン・ブラウン)
SPで首位に立ち、金色のスモールメダルを贈られた羽生結弦(左は2位の金博洋、右は3位のジェイソン・ブラウン)

◆フィギュアスケート 四大陸選手権第2日(7日、ソウル・木洞アイスリンク)

 【ソウル(韓国)7日=ペン・高木恵、カメラ・矢口亨】男子ショートプログラム(SP)は羽生結弦(25)=ANA=が111・82点で自身の世界最高得点を1・29点上回り、首位スタートを決めた。今大会から平昌五輪金メダルプログラムに戻したショパンの「バラード第1番」で、旧採点ルール時代から4度目の“世界記録更新”。伝説の演目で羽生が羽生であることを取り戻した。シニア国際大会初参戦の鍵山優真(16)=星槎国際高横浜=は91・61点で5位。フリーは9日に行われる。

 ◆ユヅに聞く

 ―演技を終えて。

 「一つの気持ちの流れを、最後の音が終わって、自分が手を下ろすまでつなげられたのが心地よかった。曲に気持ちをすごく乗せることができて、フィギュアスケートって楽しいなって思って滑ることが出来た」

 ―得点については。

 「出来れば112点行けるようにと思っていた。感覚もすごく良かったので。(112点までの)0・2点を超えられるようないい演技をしていきたい」

 ―表現については。

 「『オトナル(秋によせて)』をやったからこそ、表現の深みが増えた。曲をすごく感じることをしながら、すごくクオリティーの高いジャンプを跳べたのはこのプログラムならでは」

 ―今回のプログラム変更で得られた成果は?

 「また自分のスケートをできたなっていうのが大きい。競技としてこのプログラムをやるからこそ得られる経験だとか、幸せっていうのがあると思うので、やっぱり続けていてよかった。変更して、これが自分だと思えるような演技ができてよかったと思う」

 ―ジャンプの構成について。

 「前半に4回転を2本入れたのは、これが一番自分が表現しきれるプログラムであり、一番点数を安定して取れるんじゃないかなっていうのもあった。でも正直に言うと、点数とかどうでもいいなと思っていて。何より自分がこのプログラムで何を表現したいか、どう曲を感じたいかを一番大事にこの構成を選んだ」

 ―衣装を少し変えた意図は?

 「あまり大きく変え過ぎず、皆さんの記憶を大切にしながらも、何かちょっと、見た感じで、あ、変わったなと思ってもらえるように工夫した」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請