米帰りのダークヒーロー・KENTA「2020年は俺の年」きょう大阪大会で因縁の内藤と2冠決戦

1月5日、東京ドームで2冠王となったばかりの内藤哲也の上に座り2つのベルトを手にしたKENTA。大ブーイングを浴びた
1月5日、東京ドームで2冠王となったばかりの内藤哲也の上に座り2つのベルトを手にしたKENTA。大ブーイングを浴びた
内藤(左)を襲撃したKENTA
内藤(左)を襲撃したKENTA

 9日に大阪城ホールで開催される新日本プロレス「THE NEW BEGINNING in OSAKA」で、内藤哲也(37)の保持するIWGPヘビー級、IWGPインターコンチネンタルの2冠初防衛戦に米WWE帰りのKENTA(38)が挑む。1・5東京ドームで史上初の2冠を達成した内藤を襲撃して大ブーイングを浴びた「ダークヒーロー」は、SNSで内藤を挑発し、前哨戦でも勝ち越し。元プロレスリング・ノアのエースが、2冠戦でさらなる波乱を起こすか。(中村 健吾)

 東京ドームのど真ん中で3万63人から大ブーイングを浴びた男が今、新日マットを席巻している。

 1月5日の新日「WRESTLE KINGDOM14 in 東京ドーム」のメインイベント。IWGPヘビー級王者・オカダを破り、IWGPインターコンチネンタルとの2冠を史上初めて達成した内藤の晴れ舞台を台なしにしたのが、KENTAだった。

 「この2本のベルトを持って、さあ、何をしようかな。この2本のベルトとともに前に進もうと思います」と笑顔で宣言した内藤が「さあ、あれをやりましょうか。東京ドームで初めての大合唱。ロス・インゴベルナブレス…」と自身が率いるユニットの名前を口にしかけたところで、KENTAがリングに駆け上がる。激闘直後の内藤に必殺のgo 2 sleepをたたき込み、KOしてしまった。

 失神状態の内藤を足蹴にし、その体の上であぐらをかいだKENTAに降り注ぐ大ブーイング。史上初の2日間興行で7万71人を動員した日本プロレス界最大の祭典のラストに待っていた、とんでもないバッドエンド。一躍、ヒールの頂点に立った男はそのままインタビュールームでも机、イスを蹴り飛ばす大暴れ。「めちゃくちゃ楽しかったよ。2020年は俺の年だよ。俺から目を離すなよ」と言い放った。

 この大会の試合で後藤洋央紀(40)に敗れ、NEVER無差別級王座から陥落したKENTAが敢行した“テロ”。さらに同6日の東京・大田区総合体育館大会後にも「俺が何を言いたいかというと、『2本のベルトを頂いちゃうよ』ということ」と、挑発を続けた。

 プロレス界有数のSNSの使い手としても知られる男はネットも駆使。「NEVER負けたのに2冠が~とか、どうのこうの言っている鉄也とロスインゴ・ファンに俺からの贈る言葉だ」と、わざと内藤哲也の漢字を間違え、武田鉄矢になぞらえる挑発ツイート。「鉄也、なんばしよっとか」と、あざ笑った。

 一連のつぶやきには「子供みたいな言い合いは止めて」と言う批判の一方、「めっちゃ研究されてますね。実は内藤さんのこと、大好きですよね?」「いろいろな引き出し持ってますねー」と称賛のコメントも。

 今月6日まで東京・後楽園ホールで行われたタッグマッチでの前哨戦3連戦ではKENTA組が内藤組に2勝1敗と勝ち越した。リングの内でも外でも話題を振りまくWWE帰りの男が今、新日の中心に躍り出ようとしている。

 ◆前哨戦は勝ち越し

 内藤とKENTAは6日の東京・後楽園ホール大会で6人タッグマッチで対戦。場外乱闘あり、キック合戦ありの前哨戦3連戦はKENTAの2勝1敗で終わった。試合後、KENTAが「テツヤがいろいろ言っているのは知っているけど、口の争いでは俺の圧勝だから、どうでもいいよ」と言い放つと、内藤も「彼も今まで思うようにいかず、悩んだあげく、今こうして声援を受けるようになって、喜んでいるんでしょ」と、上から目線で挑発していた。

 ◆KENTA(ケンタ)本名・小林健太。1981年3月12日、埼玉・草加市生まれ。38歳。東京・修徳高卒業後の99年、全日本プロレス初の一般公募オーディションに合格。00年にデビューし、同年に三沢光晴氏についてプロレスリング・ノア旗揚げ戦に参加。GHCヘビー級王者として丸藤正道らとエースの座を争った。14年に米WWEと契約し、ヒデオ・イタミのリングネームで活躍。19年6月、新日本プロレス登場。8月、ヒールユニット・バレットクラブ入り。同月の英国大会で石井智宏を下し、NEVER無差別級王座を奪取も今年1月5日の東京ドーム大会で後藤洋央紀に敗れ陥落した。174センチ、85キロ。

1月5日、東京ドームで2冠王となったばかりの内藤哲也の上に座り2つのベルトを手にしたKENTA。大ブーイングを浴びた
内藤(左)を襲撃したKENTA
すべての写真を見る 2枚

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請