【東京六大学】東大のバッテリー陣が那覇キャンプに出発 元中日球団代表の井手監督は「先発を2枚探したい」

東大・井手監督
東大・井手監督

 東京六大学リーグの東大監督に就任した元中日球団代表の井手峻監督(75)が7日、17年秋から続く42連敗を止める新エースの発掘に意欲を示した。投手20人、捕手7人のバッテリー陣らはこの日、8日から沖縄・那覇で行うバッテリーキャンプに向けて出発。新指揮官は「今まで長いイニングを投げた実績がない投手ばかり。今回のキャンプで先発を2枚探したい」と話した。

 昨秋のリーグ戦で9試合に登板し、0勝6敗ながら防御率3・69と抜群の安定感を誇った絶対的なエース左腕・小林大雅(4年=横浜翠嵐)が今春で卒業。昨年は主に2回戦の先発を担った坂口友洋(日比谷)ら実績を積んだ4年生がそろって抜け、3年生以下の投手陣は、2年生左腕・小宗創(武蔵)が昨春に3度の先発経験がある程度。リーグ戦経験が一気に乏しくなるのが実情だ。

 井手監督は昨年11月の就任後、中日で守備走塁コーチなどを務めた経験を生かし、主に守備・走塁面の強化に努めてきた。「ピッチャー以外のところで破綻が起きないように指導してきたので、この沖縄ではピッチャーをじっくりと見たい。小宗、大久保(英貴=湘南)の新3年生が先発候補になるが、投手リーダーを務める松田(悠貴=開成)ら新4年生にも期待したい」と最上級生の奮起を求めた。

 バッテリー組は20日まで沖縄でキャンプを行った後、18日から福岡でキャンプを張る野手組に合流。22日に長崎・佐世保で長崎国際大とオープン戦を行う予定。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請