“第二のきよし”へ19歳・青山新デビュー…同じ水森氏門下「目標はやっぱり氷川さん」

圧倒的な歌唱力と爽やかな笑顔で演歌界の“新”記録を狙う青山新(カメラ・橘田 あかり)
圧倒的な歌唱力と爽やかな笑顔で演歌界の“新”記録を狙う青山新(カメラ・橘田 あかり)

 期待の新人演歌歌手・青山新(しん、19)が、デビュー曲「仕方ないのさ」を5日にリリースした。テイチクエンタテインメント創立85周年、青山が所属する芸能事務所・芸映の創立60周年記念アーティストとして選ばれた期待の新星。歌手・氷川きよしの“生みの親”である作曲家・水森英夫氏(70)に弟子入りし、「目標はやっぱり氷川さん」と、スターダムを駆け上がっていく意気込みを見せた。(増田 寛)

 端正な顔立ちから放たれる伸びのある歌声が、デビュー曲「仕方ないのさ」の大人びた歌詞を彩る。身長170センチと決して大柄ではないが、師匠の水森氏に5年間鍛えられた声量はピカイチ。「発声が武器。自信が持てる」と、舞台上での立ち姿を大きく見せる。待ちに待ったデビューに「同年代の歌手の方が多く、競争もあるが、僕の個性を出せるように、演歌界に新しい風を巻き起こしたい。力が入ってます」と目を輝かせた。

 テイチクエンタテインメント85周年記念、芸映60周年記念という老舗の看板を2つ背負うが、「記念が1つ付くだけでも、うれしいのに、2つも付いて。期待されているという不安やプレッシャーもある。でも僕としてはポジティブに捉えて、うれしく思ってます」と前を向く。

 演歌に触れたのは5歳の頃。祖母がきっかけだった。「カラオケ大会に祖母が出ることになって、門倉有希さんの『ノラ』を歌うことになった。練習のために祖母がCDを流していて、それを聴いた僕が祖母より早く覚えて歌ってました」

 祖母の“英才教育”を受け、中学2年生の時にはカラオケ大会に出場。審査員の目に留まり、氷川きよしの「生みの親」である水森氏の門下に入った。もちろん目標は「やっぱり氷川さん。『第二の氷川きよし』を目指したい。デビューした後、すぐにスターになられている方なので、氷川さんのたどった道に憧れますし、そうなりたいです」

 デビューまでは決して簡単な道のりではなかった。歌手を目指すために、まずは父親を説得した。「水森先生のところに行く時もあんまりいい顔してなくて。反対するとは口では言ってなかったですけど、反対する空気はあった。僕の本気度も伝わってなくて、反対していたと思う。でも2年、3年とやっていくうちに、信頼も得て応援してくれています」

 入門後は挫折も味わった。「最初は先生に『高校2年生くらいにデビューできたらいいな』と言われていて。でもそれはかなわなかったです」。後に弟子入りした後輩に先を越されたこともあり、「意識はなかったが、歌に焦りが出ていた。先生に『デビューを意識するのではなくて、自分の芸を磨け。それが大事だ』と言われて。今もそれは自分の中での柱です」

 晴れてデビューが決定した時も水森氏は手厳しく、「あったかい言葉は少なくて、逆にデビューに向けて今までより少し厳しくなった。祝ってもらうよりかは本腰入れてやるぞという感じ。やっぱり『第二の氷川きよしになれ!』と言ってほしいですね」と青山は笑う。

 今年1月には青山学院大学が箱根駅伝で新記録を打ち立てて総合優勝した。同じく芸名は“青山”で“新”だが「いい風が吹いていると思う」と追い風に感じている。目指すのは大舞台だ。

 「レコード大賞新人賞をまずは狙いたい。地元の浦安でソロコンサートもしたい。いずれは紅白歌合戦に出て、祖母に歌ってる姿を見せたい。とにかく一つ一つ地道に頑張っていきたいです」。演歌歌手1年生は大舞台を目指して走り出した。

  • デビュー曲「仕方ないのさ」ジャケット(左)と、青山による模写
  • デビュー曲「仕方ないのさ」ジャケット(左)と、青山による模写

◆画家!?夢は個展リアルなCDジャケット模写
青山は絵の才能もピカイチ。特技の模写では、鉛筆一本で自身のCDジャケットもお手のものだ。歌手の八代亜紀(69)も個展を開催するほどの腕前だが、「本当に趣味の延長のような特技ですが、もし仕事にプラス出来るならぜひ。八代さんみたいにいつか個展を開くことができたらうれしい」と、“画家・青山新”の夢にも胸をときめかせた。

 ◆青山新
 ▽本名 非公表
 ▽生年月日2000年5月30日生まれ、19歳
 ▽出身地 千葉県浦安市
 ▽身長 170センチ
 ▽血液型 O
 ▽特技 サッカー、模写、ソフトクリームを巻くこと
 ▽好きなアーティスト 氷川きよし、青江三奈、八代亜紀、前川清、山本譲二
 ▽趣味 サッカー、ギター、絵、書道、UFOキャッチャー、ビリヤード
 ▽好きな食べ物 肉、カニ、エビ、豚骨ラーメン
 ▽好きなスポーツ サッカー、卓球
 ▽初めて人前で歌った歌 坂本冬美「また君に恋してる」
 ▽芸名「青山新」の意味 「青」は所属事務所の青木純一郎社長の「青」。青々とした大きな山(目標)に、いつも新しい気持ちで向かっていけるようにとの願いを込めた。
 ▽出演予定 コンサート「サムライアワー」(3月13日、けやきホール)

圧倒的な歌唱力と爽やかな笑顔で演歌界の“新”記録を狙う青山新(カメラ・橘田 あかり)
デビュー曲「仕方ないのさ」ジャケット(左)と、青山による模写
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請