沢尻エリカ被告の判決受け、所属事務所がコメント発表「今後は本人と話し合いを重ね、真摯に対応」

スポーツ報知

 合成麻薬MDMA、LSDを所持したとして麻薬取締法違反の罪に問われた女優・沢尻エリカ被告(33)が6日、東京地裁から懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡された。判決を受け同日、所属事務所「エイベックス・マネジメント」がコメントを発表した。

 同社によるコメント全文は次の通り。

 関係各位

 麻薬取締法違反の罪に問われておりました沢尻エリカに対し、本日判決が出ました。

 弊社といたしましては、この判決を厳粛に受け止めております。今後につきましては、本人との話し合いを重ね、真摯に対応して参ります。

 改めまして、この度は誠に申し訳ございませんでした。

 2020年2月6日

 エイベックス・マネジメント株式会社

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×