【DeNA】浜口 初打撃投手で146キロにラミ監督「ベリーグッド」

打撃投手として登板した浜口遥大
打撃投手として登板した浜口遥大

 DeNAの浜口遥大投手(24)が6日、沖縄・宜野湾キャンプで初めて打撃投手を務め、最速146キロをマークした。中井、楠本、百瀬に対し全42球直球で安打性は5本。4つの空振りも奪った。

 4年目左腕は「リリースと回転のつけ方をイメージしながら投げた。ぼちぼちです」としたが、ラミレス監督は「ベリーグッド。直球に勢いがあって球速より速く感じた。ボールが跳ね上がる感じ」と高評価だ。

 侍ジャパンの稲葉監督も名前を挙げ期待する左腕は「選んでいただけるならすごい(五輪に)出たい気持ちはありますけど、これまでの成績じゃ物足りない。開幕からいいものを出してまずはチームのために」と謙虚に狙っていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請