【琉球】元日本代表MF小野 古巣・札幌相手に決勝弾

J1札幌との練習試合後、昨季までの仲間と談笑するJ2琉球MF小野伸二(右から3人目)
J1札幌との練習試合後、昨季までの仲間と談笑するJ2琉球MF小野伸二(右から3人目)

 J2琉球が6日、沖縄・金武町でJ1札幌と練習試合(45分ハーフ)を行い、3―2で勝利した。後半途中からピッチに入った元日本代表MF小野伸二(40)が2―2の同44分、右クロスを右足ボレーで決め、勝利に結びつけた。

 2014年6月から昨年8月まで所属した札幌との初対戦を終えた小野は「いいモチベーションになった。楽しかった」と笑顔を見せた。試合前後にほぼ全員と談笑し、思い出多き古巣と相まみえ、「1人1人の質が高く、チームになったときの強さがある」と力を認めた上で、「選手も昨季と変わっていないので。より質を高めていけばいいと思う」と躍進を期待した。

 自身は昨季、琉球では9試合に出場も、終盤はケガに泣いた。「結果が求められる2年目になるので。全試合に関わって、目に見えるものを出していかないと」。そう巻き返しを誓った小野は帰宅間際、「J1で札幌と戦えるように頑張ります」と右手親指を突き上げた。目標達成に向け、今季は更なる輝きを放ちにいく。

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請