【巨人】「巨人を語ろう!!」に今村社長答えた 「育成・補強編」

今村社長はアンケート結果の用紙を受け取り、巨人ファンに感謝した
今村社長はアンケート結果の用紙を受け取り、巨人ファンに感謝した

スポーツ報知では、日本一を目指す巨人について10の質問を設置して、巨人ファンに緊急アンケートを行った。開幕オーダーや先発ローテーション、さらには自前球場を持つべきかなど、気になる項目が満載で、800件以上の意見が集まった。このたび、巨人・今村司代表取締役社長兼編成本部長(59)に皆様からいただいた貴重な意見を直撃した。スポーツ報知WEBサイト限定の大型企画を3回に分けてお届け。最終回は「育成・補強編」だ。

 昨オフはFAで選手を獲得しなかった。足りないピースとして外国人を補強。今回のアンケートでも若手のさらなる台頭に期待しているという今村社長へのコメントは多かった。一昔前はキャンプ前の時点でポジションが固まっている印象だったが今年は少し、違う。

「強い球団、人気球団にするためには素材の発掘と育成。ジャイアンツはFAや外国人の補強に頼りがちだったけど、長いこといい球団、人気球団になるためには、素材を発掘して育成して、スターにして常勝球団にするかが大事。これを愚直にやっていくしかない。丁寧にね。プロパーを大事にしようというのは編成のど真ん中に置こうと思う。それがジャイアンツプライドだと思うし、ファンの方に支持される要因になると思う。昔はみんな多摩川育ち、ジャイアンツ球場育ちで、実力がない時から見てくれていて、ファンと一緒に成長してこられた。ここは原点に帰って、ファンと一緒に成長していくことができるか。そういうジャイアンツの文化をはぐくみたい」

今村社長答えた「育成・補強編」

 ジャイアンツ球場育ちの選手を増やしていくためにも、今後のドラフト戦略はどうあるべきか。

「今シーズンのスタメン、控えの年齢的なども踏まえて3年後はどうなっているのか。坂本、岡本は3年後どうなっていてどこに穴が生まれるのか。それによってどこを補強するべきか。3、5、そして10年先まで描いてやるのは大事。仮にそれがうまくいかない、ということも含めて、常勝軍団にするにはどういう素材をどこにいつ、とっていくのか。例えば、今年は大学左腕かもしれないし、今年は高校の三塁の右打者かもしれない。何年か後のあるべき姿を念頭において、球団全体でこういうチームにしようというのをスカウティングしていかないと。スカウトだけでなく、アマでも、プロでも国際部でも一緒。どこにどういう選手が入ったら、チームとしていいパフォーマンスができるかを全員で考えないと。そうやって作ったチームを監督に指揮してもらう」

 アンケートでも、ドラフト1位はその年にめざましい活躍をした選手に行ったとしても、2位以下に関しては将来を見越したチーム作りのためのものにしてもいいのでは、という意見もあった。将来を見据えた中であれば、批判覚悟で投手ばかり取ったっていいはず。その反面、やはり1位は甲子園のスターを取ってくれ、という意見が多かった。

「1位は競合するくらいの素材が多い。ジャイアンツは1番注目を浴びる選手に行こう、と。そういうのは当然、あります。(3年連続で)甲子園のスター(17年、早実・清宮幸太郎、18年、大阪桐蔭・根尾昂、19年、星稜・奥川恭伸)にも行ったんですけど、くじ運がね」

 ここ数年は甲子園のスターを獲得に向け動いている印象だが、少し前はあえてそこを外して選手を獲得している時期もあった。

「プロの球団なんで、ファンの期待に応えることが第一。そのファンの声を聞きつつ、球団を一番いい形にしていく。ファンに応援されてなおかつ強いチーム作りを念頭に置いてます。今年のドラフトも逃げませんよ」

 最後の質問だが、次に取るべきFA選手は、というアンケートの質問に対しては、ヤクルトの山田哲人の名前が非常に多かった。ここは社長が具体名を出してどうする、こうする、となるとタンパリングになる。少し形を変えて、FA戦略をどう、進めるべきかを聞きたい。

「FAって難しい。FAを宣言した時点で、もちろん、高いレベルの選手であることには違いないけど、年齢的に見て、その選手のピークは過ぎている可能性が高い。それでも獲得するとなれば、他球団との争いになる。金額面でも、契約年数でも。ただ、その反面、今在籍している選手はどう思うんだろう、と。僕は基本、チームは壊したくない。でも、勝ちたい。巨人で今年、二塁のレギュラーが固定できれば、FAという話はチームの中で出てこないでしょう。ただ、固定できなければ、それは果たしてどうなるか、ですね」

 吉川尚への期待はアンケートでも高い。田中俊や若林だって狙っている。ただ、けがをしたり、インパクトを残せなければ「他にいい選手はいるのか」となるのが当然。

「勝たなくてはいけないし、勝つことがファンに応えることでもある。現状に合わせて対応する、ということでしょうね」

 ファンの声としても、FAに関しては各チームの一流どころに行くのならば、というのはあった。丸に対してみんなが応援しているのでよく分かる。

「FAというのは大物外国人獲得と同じだという認識。補強として大物を取りましょう、と。ファンは期待するね。小笠原(現日本ハムヘッドコーチ兼打撃コーチ)とか丸とか、選手のスタイルも含めて、ジャイアンツファンも『おお!』という印象を持ってくれるはずだから」

 ジャイアンツの日本一をファンとともに期待しています。

「アンケートに答えてくださった、ということが私にとっても非常にありがたいことです。関心を持っていただけるのはうれしいこと。チーム一丸で頑張っていきますので、応援、よろしくお願いいたします!」

※アンケートにご協力してくださった皆様、ありがとうございました!

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請