【DeNA】ビスケル特別コーチ、実は無給だった ドラ1森、送球など「聞きたい」

ノックを終えた選手にサムアップするビスケル氏(右はラミレス監督)
ノックを終えた選手にサムアップするビスケル氏(右はラミレス監督)

 DeNAのオマー・ビスケル特別コーチ(52)が5日、2軍の沖縄・嘉手納キャンプを訪問し、ドラフト1位・森敬斗内野手(18)=桐蔭学園=らを熱烈指導した。

 ノックが終わると遊撃後ろで見守っていたゴールドグラブ11度の名手が選手たちを呼び寄せた。実はかつての同僚・ラミレス監督からのオファーを無給で受けていたビスケル氏。球団が支払うのは渡航費とホテル代だけでボランティアだが、熱が入り手本を示しながら約15分のレッスン。「メインは基礎や考え方。守備はリズムが全て。ボールを捕るまで焦っている選手もいれば、遊撃から二塁への送球で体がホームの方を向いていて投げにくそうな選手もいた」と指摘した。

 将来の正遊撃手として期待される森は「二塁へ投げる方向に腰を向けることが大事と言われた」と真摯(しんし)に学んだ。ビスケル氏はこの日、1軍休日にラミレス監督とともに2軍を視察。13日まで帯同予定だけに森は「スローイングやその時の足の運び方を聞きたい」と意欲的。レジェンドの“無給男気塾”が若手の礎になる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請